責任を持ってペットを飼育しよう!

ペットのために作られた部屋

昨今のペットブームを象徴するように、ペットの飼育が可能で初めからペットが暮らしやすいような施工を施してあるという賃貸マンションが増えてきました。

たとえばペットの足への負担を考えて滑りにくい加工がしてあったり、防臭効果のある壁紙を使用するなど、ペットと暮らすことをコンセプトとして室内の随所に気配りがされている物件はペットにも飼い主さんにも優しいといえるでしょう。

また、散歩から帰ってきた時に足を洗うための洗い場やペットの排泄物を捨てるためのゴミ箱の設置、コンセントは高めの位置にするなどの配慮がされているかどうかもお部屋探しの基準にしてください。

それにペットを飼うことを前提とした住宅なら他の住人もペットに対して寛容であることが予想されますから、住人同士のトラブルも起こりづらいかもしれませんね。

飼育は可能だが注意が必要な場合

駅から離れていたり、ちょっとした理由から入居者が集まりづらいような部屋では、入居者を集めるために家賃を下げたり付加価値としてペットの飼育ができるようにしたりという工夫をすることがあるようです。

しかし、このような賃貸の部屋でペットを飼う時には注意したいことがあります。
あとになってペットの飼育が可能になったようなところは、飼育できる動物の種類や大きさに制限があることが多いのです。
さらにこのようなところは、もともと住んでいた人が動物好きではないことも考えられます。
あとから付け足した規約ではペットを飼うためのルールがしっかりと確立していないこともあるので、トラブルが発生しやすいかもしれません。

ペット可の物件であったとしても、いつ頃からどのような経緯でペットの飼育が可能になったのかを確認してみた方がいいかもしれません。