古くから人と暮らしている動物

ついに一番人気の座を奪った猫

長きにわたって犬派の方が多いとされていたペット業界ですが、ついに1位と2位が入れ替わる時が来たようです。
今では猫がトップの座に躍り出てテレビのCMなどでも盛んに目にするようになり、猫を飼う人も確実に増えてきました。

では、賃貸で猫を飼う時の注意点とはどのようなことでしょうか?

まず、猫と言えば爪とぎをする習性があることは有名な話です。
しかしペット可の賃貸だから壁に傷をつけてもいいということにはなりません。
万が一壁を傷めてしまうようなことがあったら退去の時には元の状態に戻すという義務が生じるので、猫を飼う人はむやみに爪とぎをさせないようにする工夫が必要になります。

他にも高いところから飛び降りた時の音や、臭いの原因となる猫砂の扱いにも注意が必要でしょう。

やっぱり人懐っこい犬が好きだという人は

感情を全身で表現する姿に何とも言えない癒しを感じるという理由などから、依然として犬を好む人も多いと思います。

賃貸で飼育できる大きさには制限があるようですので、きちんと規約を確認する必要があります。
最近はペットに対する規約が変わってきていることもありますから、すでに入居している人でもペットを飼い始める前には改めて確認してみた方がいいでしょう。

犬を飼う時に一番の問題となってくるのは鳴き声による騒音の問題だと思います。
嬉しくても悲しくても犬は吠えることしかできませんから、飼い主さんはその理由を見つけて適切に対応してあげることが必要になるのです。
運動不足などのストレスによって無駄吠えが増えてしまうこともあるので、飼育する犬種に見合っただけの運動をさせてあげるように気をつけましょう。